家族で揃って写真を撮る事が少なくっていたのですが、家族での写真館で記念写真は絆をくれました。

お宮参りの記念写真と写真館の撮影

お宮参りの記念写真と写真館の撮影
お宮参りの記念写真と写真館の撮影

写真館での記念写真は家族に絆をくれました。

幼い頃は、家族で揃って外出をしたり、旅行へ行っていたので、たくさんの写真がありました。
私の両親は、写真をたくさん撮るタイプだったので、私たち姉弟には数え切れないくらいのアルバムが残されています。
しかし、年齢を重ねるごとに、学校部活が忙しくなったり、思春期の気恥ずかしさもあって、家族での外出は減っていきました。
しかし、いつまでも同じままずっと一緒に暮らしていけるわけではないのです。

ついに、弟が遠地への就職が決まり、旅立ちの時を迎えました。
その時、私は知人の家族のある行動を思い出したのです。

それは、その知人の家族は毎年必ず一枚の家族写真を残しているという話です。

いつかは旅立つ子供や、もしくは結婚して新しい家族が増える時があるからこそ、毎年続けているのだそうです。

知人の話を思い出したとき、私は家族に提案をしました。
今まで、七五三や成人の時に子供一人で写真館で撮影する事はありましたが、家族で写真館で写真を撮った事など一度もありません。最初は皆驚きましたが、やはり何か思うことはあったのか賛同してくれました。
写真館での撮影は、気恥ずかしい思いがしましたが色んなことを思い出しました。
幼かった頃から、家族で過ごしてきた思い出が脳裏をよぎりながら、今後への決意もわいてきたのです。

そして、後日出来上がってきた写真を見たとき、嬉しそうな母の顔は一生忘れないと思います。
いつもそばにいるからこそ、あたりまえに成ってしまっているのが家族です。

写真館での記念写真は、改めて家族の絆を感じさせてくれました。

おすすめ記事

Copyright (C)2018お宮参りの記念写真と写真館の撮影.All rights reserved.